子供の習い事

子供の習い事について耐える両親は多いと思います。
早ければ幼稚園、保育園からする子供もいますが、一般的には小学生くらいになると習い事をする子供が増えてくる。
子供に習い事をさせる目的はなんですか。
子供の将来を考えて、あるいは子供の能力を上げるため、完成を豊かにするため、学校で困らないようになど様々な理由があると思います。
親が何かと考えて習い事をさせてみても、小学生くらいの子供ですと僅かすれば飽きてしまい長続きしないこともあると思います。
おっきい入会金、年会費を払って数ヶ月で辞めてしまっては効率も薄くなってしまう。
以前とは違い、小学生も多くの習い事があり選択肢が増えています。
子供も興味をもってやれるもの、子供のために至るものを探して選び習わせたいものです。

習い事をすると様々なメリットがあります。
一番は子供の視野が行き渡ることです。
幼稚園、保育園、学校などの世界だけではなく習い事をするためますますより多くの世界と変わることができます。
最新友達ができますし、学校の授業だけではやりきれないその先のこともやることができます。
例えばスポーツも体育の授業程度ではなく専門のコーチに指導を通して本格的にスポーツとして楽しむことができます。
絵画教室では幼稚園や小学校で絵を描くよりもさらにたくさん、益々スケールの大きな絵を描くことができます。
英語教室へ通って英語を語れるネイティブの友達ができれば将来の夢、仕事にも通じるかもしれません。

もう1つは、子供の自信とスキルを身につけることができます。
例えばスイミングの場合、体育の授業では敢然と泳法までは教えてもらえません。
スイミング教室へ通って専門のコーチに指導を通して練習することで泳げるようになるため、学校も自信をもってできるようになります。
1つのことができるようになるとその自信から子供たちは他のこともできるようになっていきます。

また運動系の習い事をすれば、子供の体力を塗ることもできます。
室内でゲームばかりするのではなく、元気に外で遊び回る子供になると思います。

習い事をする上でデメリットもあります。
一番は費用面だ。
習い事は適切お金がかかります。
ダンスやバレエなどを習うと、通常の月謝、年会費、入会金だけではなく、衣装代、発表会ときの衣装代、靴代、参加費などたくさんのお金がかかります。
他のスポーツもユニフォーム代、シューズ代など初期費用もずいぶんかかります。
音楽系の習い事も楽器代、楽譜教材などの費用がかかります。

もう1つは、子供の遊ぶ時間が減ってしまうことです。
小学生の子供は学校から帰ってきたら元気に公園で友達と遊ぶのがおかしいだ。
これらの遊びを通して、子供たち同士のつながりもできてくる。
しかし無性に習い事をたくさんしていると友達と遊ぶ時間がなくなってしまう。
また習い事で疲れすぎてしまって、学校の宿題ができないといった支障をきたす心配もあります。

ですから習い事はたくさんすれば嬉しいというわけではありません。
如何なることに興味を持っているのか、どういうスキルを身につけさせたいのか、子供は興味を持てそうかなど様々な視点から厳選して選ぶようにください。
今如何なる習い事が人気なのか、人気があるのには理由があるはずです。
小学生に人気の習い事を紹介していきたいと思います。
お子さんの習い事の参考にしてください。メディアハーツの真相に迫る!社長ってどんな人?ファビウスの真実